ポルク 日焼け止め

MENU

ポルクの特徴

ポルクの特徴は、「ニュートロックスサン」配合で、体の内側から紫外線対策ができることです。
紫外線対策といえば、日焼け止めクリームを塗るのが主流ですが、海外では飲む日焼け止めは常識であり、日本でも最近になって注目が集まっています。
飲む日焼け止めですから、汗をかいても塗り直す必要がなく、クレンジングで落とす必要もありません。
また、クリームが塗りにくい背中や首の後ろなどのケアもできます。

 

飲むことで紫外線対策ができる秘密は「ニュートロックスサン」です。
ニュートロックスサンは、スペインの大学で10年以上にわたって研究開発された、天然ポリフェノールです。
ニュートロックスサンの原料はローズマリーとシトラスです。
ローズマリーは地中海地方に多く自生しているハーブで、若返り成分が豊富に含まれていると言われています。
シトラスは柑橘類の果実で、太陽光線に対する特別な耐性が古くから関心を集めています。
この二つの成分を特別なバランスで配合することで、紫外線に対する保護力が増したという研究結果が出ています。

 

ポルクには、ニュートロックスサンのほか、リコピン、ざくろ抽出物、ヒドロキシチロソール、オールナチュラルVM、クロセチンといった美容成分が配合されているので、日焼け対策だけではなく、日焼け後の肌のケアも期待できます。