ポルク 日焼け止め

MENU

ポルクの成分 リコピン

ポルクの成分のひとつ、リコピンについてですが、リコピンの特徴は抗酸化力が強いことで、その力はβカロテンの2倍、ビタミンEの100倍ともいわれています。
リコピンを摂ることで、強力な抗酸化力が得られ、血糖値を下げる、動脈硬化を防ぐ、喘息の改善、美白効果、ダイエット効果などが期待できます。
また、リコピンにはLDLコレステロールの酸化を防止する効果も期待できます。

 

活性酸素とは酸化力が強い酸素のことですが、ヒトの体内では一定の割合で活性酸素が発生しています。
活性酸素に触れた体内の組織は錆びてしまい、この錆びが動脈硬化やさまざまな身体への悪影響を与えてしまいます。
このような身体に悪影響を与えてしまう活性酸素を消してくれる物質が抗酸化物質です。
リコピンはこの抗酸化物質で、脂溶性なので主に細胞膜に存在して、細胞が活性酸素に攻撃されるのを防止します。

 

リコピンには美肌効果も期待できますが、これもリコピンの抗酸化力が影響しています。
肌が紫外線を浴びると活性酸素が発生して、シミやシワ、たるみの原因となってしまいます。
リコピンには、シミの原因になるメラニンを生成するチロシナーゼの働きを抑える効果も期待できます。