ポルク 日焼け止め

MENU

ポルクの成分 クロセチン

ポルクの成分のひとつ、クロセチンについてですが、クロセチンはクチナシの果実・種子やサフランに含まれる黄色の天然色素でカロテノイドの一種です。
クロセチンは、世界各国で生薬やスパイスとして利用され、日本では天然の着色料として、たくあんや中華麺などの色付けに使われています。
クロセチンは、強い抗酸化力を持っていて、体内で活性酸素を取り除く働きがあります。

 

また、油だけでなく水にも溶けやすい成分で、分子量が通常のカロテノイドの2/3の大きさで、体内に吸収されやすいのが特徴です。
活性酸素が体内で過度に発生してしまうと、脂質やタンパク質、DNAなどに影響して、老化などの原因になると言われているので、活性酸素を取り除く強い抗酸化力を持っているクロセチンは、若々しくハリのある毎日を送るサポートとなる成分でしょう。

 

ポルクには、クロセチンのほかにも、リコピン、ヒドロキシチロソールなど、強い抗酸化力を持っている成分が配合されています。
ポルクは飲む日焼け止めですが、このように強い抗酸化力を持っているので、老化防止にも効果が期待できそうですね!
満足率91%という、高評価のサプリメントであるポルクで、イキイキ輝く、ハリ・透明感のある毎日を実感してみませんか?